顧問料2か月無料について

税理士ってなぜ必要なの?

この質問は一見シンプルですが、いざ考えてみると、とても奥の深いものかもしれません。

「経理上のアドバイスが欲しいから」
「面倒な税金の計算をしてくれるから」
「節税したいから」
「税理士に頼むのが一般的だから、なんとなく・・・」

当事務所もこの問い掛けの答えを、ここ数年ずっと探してきました。お客様の視点に立って、真剣に考えてきました。

そして、こんな結論に達しました。

安心したいから・・・

もちろん、この結論は、これまで当事務所を支えてくれた多くのお客様からの声によって導かれたものです。

そして、当事務所が関わらせていただくことよって、お客様が
“安心”できる上に
“ゆとり”を持つことができたら、
どんなに素晴らしいことでしょうか。

税理士法人まこと会計は、
“お客様に安心とゆとりをご提供する”
をモットーに、お客様のご要望に添ったサービスを実践してまいります。

少しだけ私の話をさせていただきます

はじめまして。税理士法人まこと会計の杉田祐一です。

私は、26歳で独立開業に踏み切りました。この業界では、かなり早い方だと思います。
以前に勤めていた会計事務所では、従業員2・3名で経営されるお客様から、上場企業に匹敵するお客様まで、幅広くお仕事をさせていただきました。

しかし、それこそ見切り発車での開業であったため、多くの困難が私を待ち受けていました。
お客様の数は片手で数える程度。新規のお客様の獲得方法もわかりません。
そして毎月の経費が収入を上回り貯金は減る一方でした。

当然、廃業も考えました。廃業して会計事務所にサラリーマンとして再就職する方が、収入的にも精神的にも、はるかに安定していたからです。
しかし、お客様の心温まる一言が、私を「この状況下でも何とか踏ん張ろう!」と決意させてくれたのです。

これまでの税理士との契約形態

情報化時代の到来で、税理士を探す方法は多種多様になってきています。
ホームページや雑誌はもちろんのこと、最近では税理士の紹介をメインに扱うサイトまで登場しています。

しかし、そんな変化が起きているにもかかわらず、この業界では、まだまだ“アナログ的なご紹介”が一般的でしょう。
“アナログ的なご紹介”とは、取引先・ご友人・金融機関といった人的なご紹介を経て、税理士と契約するケースです。


確かに、お知り合いの方が推薦してくれる訳ですから、その信頼性は高いと考えられますし、また自分自身で探す手間も省けます。

しかしその場合、以下の2つの問題点に留意する必要があります。

  • 紹介する側のニーズと、紹介を受ける側のニーズは、必ずしも一致しない
  • 無下に断ることができず、そのまま契約に至ってしまうケースがある

しかし残念ながら、この2つの問題点を事前に把握しておられる方は、意外と少ないのです。

そして、契約交渉中又は契約直後に
「しまった・・・」
と気づくのですが、その時点ではもう後の祭り。

そのままズルズルと関係が続き、気がつくと10~20年もの月日が流れていたということもあるようです。

少なくともこのページをご覧になられている方々は、紹介に頼らずに、ご自身で税理士をお探しになられていると思います。
もしかしたら、その中には現在の顧問税理士に不満をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。

こんなお悩みありませんか?

会社経営に携わる方々は、ご自身の人生を賭けて会社を運営・管理されているのですから、
会社の規模に関わらず、何らかのお悩みを持たれています。

仮に悩みが一切ないという方がいらっしゃったら、私の方から直接お願いをして、その経営手法について是非ともお話を伺いたいものです。

ご参考までに、当事務所のお客様が当事務所とお付き合いする前に持たれていたお悩みをリストアップします。

  • 現在の経営状況を、数字でうまく把握できない
  • 今後の経営について漠然とした不安がある
  • 利益は出ていても、肝心のお金が残っていない
  • 次世代へのバトンタッチを考えているのだが...
  • 会社設立のメリット・デメリットって何だろう?
  • 相続は噂では「大変だ」と聞いている・・・
  • 社内のコミュニケーションが不足している気がする

このリストをご覧になったご訪問者の中には、
「ほとんどあてはまるのだが、これはマズイのではないか?!」
と思われる方がいらっしゃるかもしれません。

でも、安心してください。
これは、多くの中小企業が抱えている問題であり、決してその方だけが例外であるということではありません。

そして、これらの問題点に気づいていない会社が非常に多いということも、また事実なのです。

まずは気づくことが重要なんです!

大企業が好業績で、景気は回復基調にあると世間では言われています。
しかし、こと中小企業にいたっては、景気回復の足音すら聞こえない業種も多いのではないでしょうか。

そして、なぜ中小企業ばかりが、廃業・倒産を余儀なくされるのか?

それは、“気づかない”ということが大きな原因のひとつなのです。
起こっている症状に気づかないまま、いつの間にか病にかかり立ち行かなくなる。

まさにヒトの病気と同じなのです。

そして、皆さんが健康診断を受けるように、会社も常に健康状態をチェックし、必要があれば体質改善を行っていく。
そのプロセスの繰り返しこそが会社の維持・繁栄につながっていくのです。

そして、その第一歩として、まずは“気づくこと”。
すなわち「会社が抱えている問題点は何か?」について、目をそらさずに真剣に考えることが大切なのです。

心温まる一言とは?

さて、廃業するか悩んでいた時に、私を救ってくれたお客様の心温まる一言、それは

“杉田さんの顔を見るとホッとするんですよね”

という言葉でした。

それまでの私は、過去のデータを分析したり、今後の予測をしたりと“数字”ばかりに目を奪われていました。
そしてサービスのスタイルも、こちらからお客様へのアドバイスといったように"指導"がメインでした。

もちろん税理士は数字に強くなくてはなりません。
アドバイスが必要な時もあるでしょう。

しかし、お客様の笑顔や感謝の言葉といった“心”に対する理解が不足していました。
数字の達成によって、初めてお客様が満足してくれるものと勘違いしていたのです。

しかし、この心温まる一言をいただいた時に、自分自身の思い込みに気づくことができました。

そして、改めてお客様の視点に立って、
“なぜ税理士は必要なのか?”
を真剣に考え続けた結果、

安心したいから・・・

という結論に達したのです。

税理士の説明は難しい?

税務・会計の分野では、聞き慣れない難しい言葉がたくさん出てきます。
そして私達は、その言葉の意味を理解することによって、はじめて仕事に活かせることができます。

しかし、その難しい言葉を、お客様の前で一方的に唱えるのが税理士の仕事ではありません。

なぜなら、お客様とコミュニケーションをする上で、もっとも大切なことは

“コミュニケーションを通じて、お客様に安心と気づきを得てもらうこと”

だからです。(少なくとも、私はそう思っています)

私達の仕事は、なんといってもサービス業です。
そのサービス業たる私達が、お客様から「難しいことはよくわからないので全部お任せします」と言われるのは大変残念なことです。
難しい言葉を並べてもお客様は理解してくれません。難しいことをいかにわかりやすく伝えるのがプロの仕事なのだと思います。

ちなみに、私がお客様にご説明する際には、こんなことに気をつけています。

  • 難しい言葉は使わない
  • ポイントだけを簡潔かつ明瞭に
  • 重要な箇所は繰り返し繰り返し伝える
  • お客様が気軽に質問できる場をつくる

2ヶ月間の顧問料を無料

当事務所では、
「関与当初2ヶ月間の顧問料を無料」
とさせていただいております。

もう少し補足しますと、

「関与当初の2ヶ月間は、“仮契約”となり、その間の顧問料は発生しない」

ということです。

2ヶ月間で、私の人柄や事務所方針をご理解していただき、お客様が
「この事務所なら安心できる」
とご判断された場合にのみ、ご契約させていただいております。

また、当事務所にとっても、お客様からのご無理な相談や、当事務所がご提供するサービスを十分に活用していただけないと
判断した場合には、丁重にお断りができるといったメリットがございます。

「信頼関係は長期に渡って築かれる」といった考え方からすれば、2ヶ月という期間は、あまりに短すぎるのかもしれません。

しかし、先述したように
「いざ契約してはみたものの、どうもシックリこない」
といったことは、一般的な話に限っていえば、思いのほか多いそうです。

お客様にとって、そのリスクを少しでも軽減できるのであればと思い、当事務所では

「顧問料2ヶ月無料」

というご提案をさせていただいております。

しかし、大変ありがたいことに、当事務所も新規のお客様が増加しております。

当事務所としても、対応の迅速化を図っておりますが、ご依頼のお客様や既存のお客様にご迷惑をおかけすることは、
なんとしても避けなければなりません。

よって、このキャンペーンは、
「10社限定」
とさせていただきます。

なお、キャンペーンのご利用にあたっては、下記事項をあらかじめご了解していただきますよう、よろしくお願いいたします。

  • お申し込み件数が10社に至った時点で、このキャンペーンは終了とさせていただきます
  • このキャンペーンは、一般業務を対象としておりますので、決算業務のご依頼はお引き受けできません
  • キャンペーン期間中、会計ソフトの導入等の必要がある場合には、有償でのご提供となります
  • 既に関与税理士がいらっしゃる場合には、お申し込みフォームにて事前にお知らせ下さい

ご契約までの具体的な流れ

ご契約までの具体的な流れ

こんな方々は、あらかじめお断りさせていただきます

当事務所は、お客様に対し“安心”と“ゆとり”を提供するために、日々、業務に励んでおります。
お客様とのコミュニケーションを大切にし、信頼関係を築くことの素晴らしさを知っています。

しかし、お問い合わせされる方の中には、こんなお考えの方々がいらっしゃいます。

  • 過度な節税をお求めの方
  • 事務所所定の料金表よりも低額な顧問料をお求めの方
  • 年に1度、税金だけ計算して欲しい方
  • ご自身の経営スタイルに絶対の自信があり、他者の声に耳を傾けない方
  • 税理士とのコミュニケーションはなるべく避けたい方

そして、上記の事項にあてはまる方々については、
「当事務所の運営方針※に反すること」
や、
「他のお客様とのバランスが損なわれること」
を理由に、予めお断りさせていただいております。
会計事務所は沢山あり、また提供するサービス内容も様々です。
時間をかけてお探しになれば、ニーズを満たしてくれる事務所が見つかるかもしれません。

しかし、残念ながら、当事務所ではお引き受けできませんので、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

〔当事務所の運営方針〕

  • 当事務所がお客様に関与させていただくことによって、お客様に対し安心とゆとりを提供する
  • お客様との信頼関係を大切にし、そのための最大限の努力を惜しまない
  • タイムリーな情報提供を行い、情勢の変化に対し迅速な対応を図る
  • 難しい表現は極力避け、シンプルかつわかりやすい説明を心がける
  • 円滑なコミュニケーションを常に意識し、友好な人間関係の構築を目指す
  • お客様の声には積極的に耳を傾け、真摯に受け止めるとともに感謝する
  • お客様から感謝・信頼されることを目指すべく日々の研鑽に励む

【最後に】

ここまでお読みになってくれたご訪問者の方々には、深く感謝いたします。
大切なお時間を割いていただき誠にありがとうございます。

日本に中小企業は約470万社あり、全体の99.7%、雇用の約7割を占めているといわれています。
したがって、このデータからも、中小企業は日本経済を支える存在であるといっても過言ではないのです。

そして、その470万社の会社経営に対し、多かれ少なかれ税理士が関与しています。

そう考えると、ご訪問者の方が、当ホームページをここまでお読みになってくれたことは、とんでもない確率のように思えてきました。

当事務所の方から、ご訪問者を知る術はございませんが、あらためて深く深く感謝いたします。

そして、当事務所は今後ともお客様に対し、さらなる安心とゆとりの提供を目指してまいります。

税理士法人まこと会計
杉田 祐一

税務・会計業務
会社設立/法人設立支援
相続・事業承継支援
経営計画支援
事業開始後まもない方
資金繰り改善業務
ワンポイント税務
経営者の至言
なるほどホウソク
対応地域について
川崎市武蔵小杉、茅ヶ崎市矢畑はもちろん、港北区、都筑区、高津区、大田区、目黒区、渋谷区、品川区、港区、千代田区 など、東京・神奈川で対応しております。

【川崎事務所】

川崎市 武蔵小杉駅から徒歩2分

【茅ヶ崎事務所】

茅ヶ崎駅から徒歩15分

東京地方税理士会所属